Archive for 2月, 2007

腐女子の見分け方。

月曜日, 2月 26th, 2007

10032360.jpg
「『攻め』の反対は?」
と質問すると良いらしいよ。

ちぐはぐな部品

木曜日, 2月 22nd, 2007

10032072.jpg
最近はココに本のコトばっかし書いとるなー。

しかし仕方が無い。
基本は家作業か稽古(某芝居っぽいアレ)しかしとらんもん。

私にはビジュ麺のような日常は無い。
ラーメンにサビレタ居酒屋に古本屋。
焼肉屋では赤身の肉よりホルモン中心、
寿司屋では海苔巻きと光り物中心。
家には猫が2匹。
そんな三十路。

小さな空き時間(ライブハウス以外の)には本を読むのだ。
テレビを観ててCMの時とかな。

で、基本は【ムツカシゲ~】な本を読むのが好きなのだ。
私の脳はストーリーや人名が頭に入り難い設定になっとるらしい。
その代わりにリクツは入り易いようである。

なのだが
某大阪でのレコーディングの時に
家で発掘された「八つ墓村」を読んでみて
ストーリーも面白い!!何より脳が休まる!!
と感じて、ちまちまとリクツで無い本を読んでいるのだった。

というわけで椎名誠先生のエッセイなんぞを古本屋でゲットして読んでたりしたら
「SF」ってモノを思い出して、
「そういや中学生の頃ショートショートが好きで星新一先生とか読んでたなー」
とか思い出して。

数ページのオハナシでオチがあるの、好きだわ~。
ちょっとづつ読んでゆこう。

脳が疲れる感覚。

月曜日, 2月 12th, 2007

アタマの中を探しまくって
ちょっと発見があると
なんかちょっと快感があるキがする。

数学の問題が解けた時と近いキがする。

本を読むのとはまた別の感覚。
本を読むのは脳に何かを足しているのかしらね。

この感覚に快楽を覚えてしまった人間は
ひたすら創り続けたり解き続けたりしてしまうのかもしれない。

暇つぶしの時に
中学高校くらいの数学と化学の問題集(書き込むタイプ)をやろうかな。
と思っている。
そうすると「その種の快楽」が手に入り易くなるキがするのだ。
ストレス的なモノも軽減するキがするのだ。
だが、書き込むタイプの問題集は古本屋には無い。
普通に買おうとすると思いの他お高い。
普段は100円の古本でやりくりしている私にはキッツイ。
ど~せ学校や塾で買わされたモノが大量に余ってるだろうに、と思う。
(昔の自分を含)

仕方が無いので
国営放送の高校講座をやたらと見たり
昔の本を発掘して読んでいる。

……
………
いろんなコトを忘れとる…
自分の脳の中がエントロピー!!
サインコサインタンジェント!!
10031510.jpg

「あたりまえ」を疑え

金曜日, 2月 9th, 2007

10031360.jpg
しらない間に僕は「まとも」な人間になってやしないか?

奇天烈でありたいとか、
そういう意味では無くて。

「まとも」という
(僕が)最大の狂気だと感じているコトモノ
に近付いていってはしまいか。

ある出来事に対して、
中年の僕は、こう想う。

幼少の僕は、どう想っただろうか?
思春期の僕は、どう想っただろうか?
青年の僕は、どう想っただろうか?
老年の僕は、どう想うだろうか?
僕が女だったら、どう想うだろうか?
いつのどこの僕が「まとも」な想いだろうか?

僕は
できるだけ「まとも」に抗って
ホントの「マトモ」を探しておりたいなぁ。

と、
眉毛を剃り落として白く塗り潰して雪駄を履いて
昼間っから夜中までアルコールに塗れながら
想っています。

ラーメン好き。

土曜日, 2月 3rd, 2007

好き過ぎてラーメン情報が脳内に蓄積されすぎ。
10031065.jpg
麺のみなさんえ。
激選区あたりのライブハウスの楽屋で
「この辺にどっかウマいラーメン屋ありますか?」
とかを私に質問すると
「何系で?」
とかの返事をして話しが長くなるんでゴチューイを。

あと、
どっかのドラマーに
「海外に行こうと思うんスけど~どの飛行機が良いスかね?」
っていう質問をしても同じ傾向がみられますので
ゴチューイを。