Archive for 11月 11th, 2008

続々と刊行。

火曜日, 11月 11th, 2008

081111_093301.jpg今回は2冊、なのかな?

自分で自分も管理できん人間だもんでよ…

 

 

ドグラ・マグラ

は、文字の方がいいなー。

 

これはなんというか映像化するのは脳内でだけが良い文字の作品だと思う。

夜、寝ているトキに観ている夢の

「時間」も「五感」も全て無くて、

あるのは「主観」のみの感覚。

な作品だと思うんで。

 

何か理由とかそういったモノがあるんだろうと必死に読んだかなりのページ数

一瞬、主人公の頭の中をよぎった思い出だった。

みたいな。

 

 

こういうのに近い感覚が沼正三やサドにあるんだけどもー

 

「読みながら想像するという行為が大切なのであって

物語自体は大切では無い。

ただ、登場人物が存在するから進むのだ!!

オチなど無い!

ただ、進むのだ!!!」

 

みたいな感覚がねー。

「読む・想像する」という「行為・時間」をメインにおいた文字群だと思うの。

 

アリス(作者名が思い出せない中年)もそんな感じがするー。

 

 

えらいひと、の、解説とかを読んだりした訳じゃぁないんだけどね。

僕のココロとカラダと脳の感覚ではそんな感じ。

 

もしか、良かったらこういう感覚のコト、の

皆様の意見を聞かせてくだされ。