Archive for 9月 6th, 2009

090905 鹿鳴館、上下左右。玉腰勲の誕生日。

日曜日, 9月 6th, 2009

090905_191001.jpg

前日の夜、某本でひとり盛り上がる。

盛り上がりついでにyouなtubeで

(本当は良ろしくはないが)

映像を観まくる音を聴きまくる。

鹿鳴館だしテンションがブチあがる。

ロックめいかん。

呑み過ぎる。

 

僕にしては遅めに目覚めて焦る。

最近、このパターン、多い。

呑み過ぎに気をつけねば。

機材車は目黒までほほほいと進む。

目黒はナニゲに人も車も多い。

スーツの人だらけとゆーわけでもない。

僕なんか全然用事が無い街なのに、不思議だ。

ナニゲに人生初の鹿鳴館。

 しかしながら目の前の道に見覚えがある。

 人生で初の東京ライブ(サポート)の時に

 目黒でライブやったはずで

 ライブステーションだと思ってたんだけども

 免許取りたてであの混雑した道の縦列駐車に往生こいたキもする。

 なにぶん、15年以上も前のオハナシ。

 あいまい。

搬入は簡単に住ませる(上下左右だから)

皆様としばし談笑、そしてリハ。

曲の覚え的にあやしいトコいっぱいある感じだけど

まーなんとなりそう。

歌詞はもー諦めとくれよ。

楽屋でいちだんらくして、

メンバー全員の髪の毛を立てる。

案外と時間がかかるで焦る。

でもひとり30分くらい

スプレーも全員で缶1本も使いません

全員の髪を立てたら自分のお化粧。

自分はお化粧が先で髪いじりは後が好きなので

早めに準備を始める。

今回のコンセプトは

「ナースdeパンク」

だったんだけど、案外ノープランで始めちゃう。

まーなんとかまとまって良かった。

本番までバカみたいに緊張して待機。

毎回だけど、もー本番が来ちゃった!待って!って思う。

 

1.上下左右のテーマ

2.皆殺しのエチュード

-MC-

3.行く先が見えない唄。

4.ぢっと手を見る。

5.カラッポさん

6.馬鹿バカBAKAばか、僕の薔香。

-SMC-

7.碧いうさぎ(パンクver.)

8.そばにいるよ 天野山テルマfeat.玉腰勲(コントver.)

-トイレットペーパータイム-

9.BAD(マイケル・ジャクソンさん)

-Dr+MC-

10.駆け上れ!感情!!

※緊急MC

11.悪の華(Aメロまでver.)

12.君と僕との彼岸の唄

13.ケガレモノ達のララバイ

14.歌題 僕はタタカわねばならない

 

セッティング、楽器が無いと暇。

そのぶん、緊張は増すよなー。

2曲目まで緊張が凄くて脳がふわふわする。

いつものコトですけどね。

喋り過ぎないよーに一気に6曲目まで。

くったくたになる中年。

のりピーの気持ちで歌い上げる。

テルマの気持ちで歌い上げる。

フカモカ様のをパクってトイレットペーパータイムをやる。

後輩のをズケズケパクる。

だって面白そーなアイデアだったんだもん。

マイケル・ジャクソンさんが取り憑く。

誰が悪だ!?

ダンスがひとしきり遅いマイケルさん。

いちおーyouなtubeでムーンウォークの仕方を観て来た。

が、出来る気配がしない。

10曲目が終わった時点でのこり15分!!

焦って演奏を止め、MC。

11.12.と余分にやる。

真ちゃんの弦が10曲目で切れとったんだな。

途中で気がついたけど止めずにラストまで。

やりきった感じで楽屋で戻る。

上下左右が終わった後の楽屋は髪の毛の下ろし大会。

あいたたたー!!とほぐして下ろす。

メイクも落としたら、セッションの時間にギリギリ。

やる気ない感じでめっさ歌ったった。

客出しと一緒に外に出る。

ご飯、一日何も食べとらんで。

そしたら真ちゃんと同じラーメン屋で出くわす。

ミニラーメンがあったのでそれ、サービスのご飯も貰っちゃう。

全部は食べなかったけど、食べ過ぎて失敗する。

おなかが痛くなる。

楽屋でぼーっとしとったら搬出がある程度に進んでおる。

もー呼んでくれればと思うがありがたい。

機材車を運転して帰路。

疲れとったのでのんびり運転で無事帰宅。

なんか眠れない。

いただいた濁り酒とビーフジャーキーがでら美味い←いまここ。

 

 

 

玉腰タマコシイサヲ勲はあいかわらずの感じでした。

テンションが高くてなんか変だった。

そーいや嬉しいトキはいつもだったな。

えーココで駄目出し。

人にモノを伝えたいトキは

「ダレがドコでイツ、ナニをドーノコーノ」

を、ちゃんと喋るようにしよー。

順番は色々あるんだけど。

自分が分かってるからって全員が分かる訳じゃないことを

キチンと理解しとかんとだぞっ(はぁと)

 

と、先輩風で〆てみるテスト。