今年最後の日記的な。

本年もどーもお世話になりますた。

来年も宜しくおねがいましまつ。

 

いちおー形式的に挨拶はしましたよ。

 

 

振り返ってみても

どーせたいしたことのないじんせーだもんで

振り返りませんよ。

10大ニュースとか書きませんよ。

 

テレビ番組が年末だなーって感じになってきとると思ったら

もう大晦日だ。。。

年齢を重ねると一年が早く感じるというが

本当にその通りすぎて、おそろしい。

樹齢何百年とかの木くらいになったら一年なんて風だなきっと。

 

別にイベントに出かけたりはしない。

そばの準備と初詣へのココロイキだけはしとかんと。

 

よいおとしをーーー!!!

何故、僕の人生は?

091229_154001.jpg

14歳とか言われたら

買わずにおれん。

読まずにおれん。

 

 

7万部売れとるんだってさー。

大反響だそうで。

 

うぅむ。。。

7万部で売れとるってなるんだな。。。

コノテの本わ。。。

 

 

この作者は批判も多い。

だけども、

僕は面白いと思っておる。

考え方が、くるりとするのだ。

 

 

 

誰もが、社会と密接な関係にある。

のに

誰もが

社会学、とゆー

社会を学ぶとゆージャンルには

縁が遠い。

 

不思議なもんだな。

と、思う。

必要なのに。

 

 

生きるのに悩んどるなら

いっぺん考えてみたらどうでしょう?

いっぺんやってみたらどうでしょう?

 

僕は

むちゃくちゃでもえーのに。

って、思っちゃう。

 

それが自分にとってのシヤワセであるならさ。

 

 

 

 

 

 

 

読んで欲しい本です。

そば屋とゆーもの。

そば。

 

本当は

うどんが食べたいけど

そば屋。

 

だって東京だもの。

 

 

 

15時〜17時くらいの時間に

なんか軽く呑めて

居心地よくて

そんなそば屋がね〜かな〜

なんて

よく思ってたんです。

 

立ち食いじゃなんだしさ

かといって料亭みたいのんもなんじゃない?

 

その中間くらいの。

 

 

 

ねーなー。ねーなー。

って思ってたら

けっこー、あるのな。

 

ただし、

ものすごく入り難いw

 

そんなお店を次々と攻略してやろうと思って

ゆーきをそれなりに振り絞って

やっつけとるわけなんです。

 

 

ほんで

気付いたんだけど

 

入り難いそば屋は

持ち家(ビル)で家族(親族)経営なんだろー。

出前中心で、そこそこ稼ぎがあればしのげるっぽい。

でも出前もポスティングとかまでしちゃうと手が回らんので

お得意様だけにしとる。

 

この経営方法が良いのが悪いのかは別として

そういう店が多いと感じたのだった。

 

なので

コノテのそば屋にあっちこっち通いまくって

「あ、天野さん!いらっしゃい!

今日は何で呑みます?」

まで持ってって

目標的には出前を簡単に持ってきてくれるよーになりたい。

 

さらに

「鴨南蛮の汁にエビ天ふたつと生卵いれて、

ほんでそれにそばうどんきしめんを0.5人前づつでー!」

みたいなウザイ注文を持って来させても嫌われないくらいに

なってみるのも

いーかもしれん。

 

最近、たくらんでいる。

飛べない空も、諦めないさ。

091228_053201.jpg

WINGMAN

 

いーおもちゃいただいちゃいました。

ありがとう。

 

 

 

好きなんだよ。

WINGMAN。

 

造形がとか

ストーリーがとか

色々あるにはあるんだ。

 

しかし

現在、ふつーに読んだり観たりしたら

ただの80年代の

ラブコメがメインなヒーロー物なんだろーなー。

 

僕にとっては

この作品はエポックだったのだ。

 

ほんで色々と考えたり振り返ったりしてみた。

 

 

以下、ウイングマンのネタバレあるかも。

要注意。

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる思春期にさ

「子供の頃の夢」と

「大人の現実」とが

あって

なんかこー「大人の現実」のが格好良くってさ。

それに逆らうってのが

不良だったり

ロックだったり

バイクだったりw

ギターだったりw

まーそういう諸々だったりしたり、するのかな?

 

「成長してゆく感覚」とでもゆーのだろーか?

 

ふつーの物語はさ

「子供の頃の夢」を

捨てたりとか

あるけど違う形で、とかさ。

そういうので、

なんだか別の形のシヤワセをゲットしてゆく。

 

ウイングマンは

「子供の頃の夢」が

どんどん現実になってゆく。

 

当時の僕は

「子供の頃の夢」を捨てなくても!

むしろその方が良いのかもしれない!!

と。感じたとゆー。

 

そういう感覚を

リアルタイムで感じていたからこその

僕の中でのエポックな作品なんだよなー。

 

あまり語られるコトのない作品なんだけどさ。

僕にとっては、

とても大切な瞬間にあった作品なんだな。

 

 

 

♪決まりきらないポーズでも

 白塗りだったら、それでOK!♪

 

 

 

 

だから僕は

まだ

ちゅうにびょう

なんだw

 

稽古したりとか。と、ここ最近、思ってるコト。

091225_154401.jpg

順調なのかな?

白塗り学園?

的な?

台詞も覚えないとなー。

 

でも

面白いモノになるんじゃないかしら。

 

 

 

 

 

 

 

最近、思ってること。

 

シンケンジャーという戦隊ヒーローモノがさ

やってるんだよ。

ま、観て無いんだけどさ。

チェックはするじゃん?

ゆくゆくはDVDを買うほどにハマるかもしれんのだし。

そのシンケンジャーの桃色的な、

ピンク的な、

そんな位置の人のデザインがさー

「天」

なんだよ。

他は「火/赤」「水/青」「木/緑」「土/黄」で

雰囲気が分かる。が、「天/桃」だけどーも想像できないんだけども。。。

妙に思い入れが出ちゃってさー。

グッズは揃えよーかなーとか思ってね。

「天」

がデザインされたおもちゃとか嬉しいじゃん?

放送が終わったら生産されなくなっちゃうんだろーし。

 

しかし、

まー売ってない!

桃色のヤ〜ツ(ハライチ風)のグッズ売ってない!!

人気ねーよ!!

「天」

人気ねー!!

男子に人気なのは赤いの(火)か!!

やっぱし赤い(火)のなのか!!!

 

お面はゲットしたんだけど

印籠みたいのとか、いーなーと思うんだけどなー。。。

 

 

 

ほんで

おもちゃ屋、行くんです。

トイざラスとかさ。

そういうトコに行くとサ。

プラモデルコーナーとゲームコーナーの縮小がサ、

凄いのな。

時代って変わったんだなー。

って思った。

091218 HOLIDAY SINJUKUの思い出。

091220_193201.jpg

いつもどおりに起床。準備。

沼倉サンと一緒に移動、無事新宿は歌舞伎町到着。

ざくっと搬入。東京だとスタッフが多いのでらくちん。

抜け出してひとり食事へ。

たぶん一番近いんじゃないかと思われるつけ麺屋に。

最近、コノテのつけ麺ばっかりだなー。。。美味しいけど。

コメントペーパーを描いたり絵を描いたりしとったらリハ。

さくさくとリハもこなす。

今日はギタートラブルもなさそう。まー単純なトラブルだったしな。

楽屋でほいほいと準備をして

チェキったりとかして

いざ本番。

 

-ブザー-

前説(天野)

-蒲田行進曲-

1.形而上気分でロックンロール

2.ロックンロールは形而の下で

-MC-

3.そのままでいいよ

4.どうしてくれようこのヱレジィ

5.君と僕との彼岸の唄

-MC-

6.滔々と

7.りっしんべん

8.思春期ッ!青春ッッ!!硝子張りッッッ!!!

9.赤い花・空の青

-Dr+MC-

10.紺碧さに誘われた子供(短)

11.空を飛びたがった子供

-Dr+MC-

12.甘味処

13.ダダだ

14.百万回目の夕方に

15.痴人の恋

 

en

1.大問題!されど、快晴。

2.14歳の斜陽

3.ブ然たり

 

en2

1.日曜日の朝

2.歌題 僕はタタカわねばならない

 

前説でいきなり噛むw

噛むよなーオレ。。。

本番はいつもどおりにガンガン進む。

紺碧さに〜が(短)ver.なのが頭からふっとんでて焦る。

前半戦は大阪名古屋よりも落ち着いてやれたかな?

ロックのステージで落ち着いてやれたのが良いか悪いかは別にして。

舞い上がらずに行けたかなーと、自分の中での感想。

後半戦はがーっと!もーがーっと!!

甘味処はキーがやたらと低い。。。ちょっと上げないとなとゆーキモチ。

(作った人なのに)

アンコールも有り難くやらせていただく。

「大問題!されど、快晴。」「歌題 僕はタタカわねばならない」

2曲は、リクエストは多かったんだけど

なんか代表曲って感じがしすぎてちょっと恥ずかしいキモチがあって

東京でのみ演奏しました。

あと、東名阪でなるたけ違う曲を入れたいというのもあって。

大問題や僕はタタカあたりは、また演奏しそうじゃない?

全通する方にも一度しか来れない方も楽しんでいただけるよーにしよーと

思っとったんだけど、どーでしょ?

 

全部を終えてだらだら片付けたり

よをしのぶかりのすがたに戻ったり

そんなんこんなんしたり

ゴキミ君が免許取り立てのバン車バックに挫折したり

アニキが搬出口隣のBARのマスターに怒られたり

そんなんしながら搬出完了。

前田のアニキは別移動だったので

残りで旨いラーメンを食べに行く。

運転はワタクシ。

今回はすっと入って来る人もおらず食せる。

やっぱり旨い。間違いないな。

ほんで続きも運転して皆さんを送ったり送られたりして

無事、帰宅。

 

いただいたお酒やらなんやらを呑みつつ

溜まってる本を読んだりしつつ

思い出を反芻したりしつつ

そんなんしとったら撃沈。

091213 HOLIDAY NAGOYAの思い出。

091213_182201.jpg

のそのそと起き出す。

搬入をだらだらする。

コメントペーパーを描いたり他の作業をしたりする。

外に食事に行く。

近所の良さげなラーメン屋は準備中。。。外で店員さんが喋っとるけど。

ちょっとうろうろして立ち食いなきしめん屋を発見して入店。

なかなかの旨さだ!

リハもだらだらやる。

しゃきっと準備する。

HOLIDAY NAGOYAの楽屋にはスロット(100円)があって

沼倉サンは毎度それで遊ぶ。

なんと北斗の拳で北斗図柄を揃える!!なんという引きの強さ!!

チェキったりして

いざ本番!!

 

-ブザー-

前説(ゴキミ)

-蒲田行進曲-

1.「皆」

2.ケガレモノ達のララバイ

-MC-

3.りっしんべん

4.不安、来た。

5.甘味処

-MC-

6.そのままでいいよ

7.あたし気にしない

8.紙芝居ブギ

9.二人は大人に成りました

-MC-

10.厭な志

11.とんびのカンカン祭り

-Dr+MC-

12.痴人の恋

13.ダダだ

14.百万回目の夕方に

15.ブ然たり

-大人に成った僕へ-

 

en

1.真珠の唄

2.知ったかぶりの猫かぶり

3.14歳の斜陽

 

en2

1.どうしてくれようこのヱレジィ

 

 

この日の僕はミスが多かったなー。。。

いつも完璧にやっとるとは言えんのだけど、

ちょっと酷かった。。。

あとギターのトラブルもあった。

うむむ。。。

そろそろ機材のメンテが必要かなー。。。

私ゃあんまし機材に詳しくないんだよなー。。。

自分自身のメンテも必要かも。

 

前田のアニキは他の仕事で別れて移動。

残りは味仙で食事。

真ちゃんに「いっちゃん旨いラーメンって何ですか?」と聞かれたことがあって

旨いというか好きなのは、ここの台湾ラーメンじゃないかなーと思った。

あとスガキヤ。時に藤一番。

味と思い出はきっと密接な関係で、

旨さとかよりも無性に食べたくなってしまう。

し、食べるとほっとするのだった。

沼倉の真ちゃんとスタッフ某君の連携で

(途中、腹痛に見舞われるも)

無事、東京。

各人を送り届け、僕も送り届けられ

無事、帰宅。

すごくほーっとして飲酒。

たぶん溜まっとる本を乱読したりしつつ撃沈。

091212 HOLIDAY OSAKAの思い出。

091212_223101.jpg

前日の深夜出発。

バン車(バンギャ語)はメンバースタッフをひろって高速道路をひた進む。

移動中はダウンタウンのDVDがおとも。

前田一知→スタッフ某君のバトンで何事もなく大阪到着。

ちょっと早くに到着したのでちょっと仮眠する。

早めに入りしてだらだらセッティングしたりコメント描いたり和んだり。

そーいやラジバンダリはもはや聞かない。

恐るべし芸能界。

ぷらっと外出してコヤ近くで見付けたつけ麺屋に入って食事。

美味しいけど東京っぽい味付けな感想。

もっと大阪な味が強いものにすれば良かったな。

だらだらとリハ。

これまた早めに終えて準備しつつ談話しつつ、

こんもりした、あたたか〜いカイロなパスを作ったりしつつ、

スタッフ某君のチェキへのおせっかいに困惑したりしつつ、

いざ本番!

 

-ブザー-

前説

-蒲田行進曲-

1.春の白さに僕、負けた。

2.どうしてくれようこのヱレジィ

3.君と僕との彼岸の唄

-MC-

4.月に行った猫

5.日曜日の朝

6.りっしんべん

7.赤い花・空の青

-MC-

8.そのままでいいよ

9.ロックンロールは形而の下で

-MC-

10.滔々と

11.想像

12.破戒

-Dr+MC-

13.痴人の恋

14.百万回目の夕方に

15.14歳の斜陽

-大人になった僕へ-

 

en1

1.ダダだ

2.知ったかぶりの猫かぶり

3.ブ然たり

 

en2

1.ケガレモノ達のララバイ

 

今回のワンマンツアーは

飾りもお芝居も無しにして曲ばっかりやってみよう大作戦。

皆様からのリクエストをいただいたトコロ

「やっぱ各アルバムの代表曲は強いなー!」

と言った感想と

「こんな曲が!?」

といった感想と

の混じり合い、で、ありました。

いやそれにしても曲、多いな。

本人も完全に忘れとったのとかもあったりしたり。

それらの曲の中からパズルのよーにセットリストを組み立ててみました。

その結果、普段ならやらんよーな構成に。

 

芝居は芝居で緊張するけど

ロックはロックで緊張するもんなのであります。

歌詞については、あきらめて譜面台とゆうアイテムをゲットで解決!

そういう系(ビジュアル系とかB系とか)であります。

俺が始祖。

僕個人のテンション的には相当良かったなー。

もちろんお客様も暖かく楽しかったよー!!

。。。喋り過ぎるのは良く無い傾向だとは思っとる。。。

 

くたくたになった入浴したり片付けたりして

大阪のいつものラーメン屋で食事。

高速道路は一知運転でDVDはまだダウンタウン。

新しい経路を発見してはよ到着し宿。

宴もたけなわ。

一知さん、たいがいですぞ。に、なる。

一知さんは酔っぱらって勝手にゴキミ君の酒を呑み

その罰(前田〜アウト〜!)として買い出しに行かされ

そして帰ってきて、い〜塩梅。

先に眠りにつく。

一知さんはマスクをしてねていたので

ほっそ〜い、犬が喰うようなサラミを髭にみたてたドラ○もんにしあげる。

ほんだら、寝返り。

ほっそ〜いサラミが耳の穴におのずから!!!!!!

刺さっていったヨ!!

耳の穴にサラミ!!!

ギャース!!!!

笑い転げた我々は、そのまま深い眠りへと落ちたのだった。

 

 

カズトモ+アルコール=たいがいにせーよ。

溢れ出る主張と思想。

091217_024401.jpg

大阪名古屋のワンマンの思い出は

東京が終わってから書いてこーかなと

思っております。

 

ちゃんと覚えとるかな?

どーかな?

 

 

 

マンガ田母神流:田母神俊雄 作画:山戸大輔

 

これは面白い!

 

この中に書いてある史実が

本当かどうかとか

この人の考え方が

正しいかどうかとか

 

失礼だけども

そういうのにはあまり興味が無い。

 

この漫画にあるエナジー!!

俺がやらねば誰がやる的な使命感!

溢れ出る主張と思想!!

 

そういうモノが

とても面白いなー。

コノテのマンガにしてはネームが少なくて

とても読みやすいトコもいーな。

小学生が読んでもいーよーにしたるんじゃないかと思う。

 

 

 

歴史ってのは

どこから観るかで

ずいぶんと変わって感じるもんなんだろー。

ほんでもまー

やんややんやと怨んだり騒いだり戦ったり

したくなるもんなー。

僕自身にもそういう感情はあるしなー。

 

これが異民族異宗教にもなると

とんでもねーんだろーなー。

 

へーわがいーなーと

漠然と思うけど

そーゆーわけにもいかんのだろーな。

宇宙を妄想。と、スタジオ。

091211_042101.jpg

宇宙のかけら:竹内薫 絵:片岡まみこ

 

いただきました。

 

オビに

「文章とイラストのコラボレーション

新しい科学読み物!」

「科学と哲学のあいだ」

と書いてあった。

まさにそのとーりの感じの素敵な絵本!

ざっくりと、しかし分かりやすく宇宙の事が

かわいい絵で進む。

 

いや、これは良い本だ!!

自分が子供の頃に楽しみでしょうがなかった

「学研のひみつシリーズ」

を、思い出した。

あっちは漫画だけどさ。

 

これはいいシリーズなので

他のも揃えなくてわ!!

続くといいなぁ〜。

 

 

 

スタジオ。

入りましたよ。

 

写真は忘れた。

みんな忙しそうだけど元気だった。

仕上がりは、まーなんとかするさ。

 

さー!

とりあえず大阪名古屋!!

待っとけって!!