Archive for 2月, 2010

眠る樹海を飛び越え、優しく舞い降りた。

水曜日, 2月 17th, 2010

地下作業とゆーなのものが

全然に進まない。。。

 

そーゆー時はよー歩く。

(ほんで何故か

メトロノームのプラネットが

脳内リピートがかかる。

ほんと何で??)

のだが

あまりにも寒い。。。

気分転換に

マンガ喫茶(ネットカフェ?)

 

いやまじ久々。

 

行かないんですよ。

ネットカフェ。

嫌いというか好きじゃない。

まず第一に

長い時間いるのに食べ物が美味しくないw

嫌なんだよこれは本当にw

食事をスナック菓子とかカップ麺とかで済ませたくないw

ほんなら家に眠ってる各地方の(皆様ありがとう)袋麺やカップ麺が食べたいw

そして次に

腰や首をヤラレてから

ふかふかのソファーが天敵だとゆーこと。

大丈夫な時もあるんだけども

基本的にどーにも痛くなっちゃう。

 

なのでどーにも敬遠しちゃうんすよねー。

 

ほんで入ってみた。

メジャーじゃないとこね。

ほんだら

そーとーボロいw

いーかんじだw

好きだwこーゆーの。

3時間パックにした。

 

で、

何を読むか、だ。

 

ココントコ歴史的名作ばかりを読みたい症候群。

なので

 

ナウシカ。

 

ナウシカは苦手なんだよ。

虫が沢山出て来るからさー。。。

重度の虫恐怖症なんだよなー。

だからアニメのナウシカを観てると

感動するんだけど

全身が拒否するw鳥肌が立つくらいw

 

マンガは大丈夫かなーって思って

読んだら号泣したー。

たまらん泣いた。

ナウシカすげーよナウシカ。。。

3時間はこえてしまっていた。

 

 

そっから

行列のできたりするラーメン屋にゴゥ。

運良く並ばずに入店!やった!!

カウンターしか無いお店。

5人組の40〜50代サラリーマンの酔客が

待ってる人ができてたのにもかかわらず

呑みながら大声で騒いでいて

いい気持ちはしなかったなー。

お店のルールに

「食べたらすぐに帰ってください」

というのがあるわけじゃないから

彼らは悪い事をしとらんのだけどね。

100213本八幡ルート14の思い出。

月曜日, 2月 15th, 2010

のんびり起きてのんびり準備、

雪になるんじゃねーかというくらい寒い朝。

前田一知号も時間通りに到着。

ゴキさんはチームセクアン号での移動っぽい?

少々道が混雑しつつ沼倉サンと合流。

目指せ本八幡!!

ルート14前の通りは踏切もある所為で

いつも混雑。。。

すぐそこなのになーと思う。。。

搬入をぱぱぱとすませてリハーサル。

ナカオトとゆーやつにこだわりがあまりないもんだで

リハーサルは音確認はあんまししないの。

あ、ソトオトとゆーやつにもこだわりがあまりない。

ドーンと鳴ってガーンとキてワーとなればいーと思っとる。

まーその為には本当はリハーサルはとても大切。

たたたとリハーサルを終えて楽屋で談笑。

何か食べたほーがいーのかなーなんて思って外出。

しかし食べたいものが見つからない。

ただうろうろと散歩を少々して再び楽屋へ戻る。

早めに準備をしながら

皆さんと談笑。

あ、そうだ!!

マモノに常々渡したいと思ってした品をやっと渡せた。

http://blog.livedoor.jp/lw07ccr/

こんな日にちのタイミングでw

サンドイッチさんのメンバーがまた増えていた。

この調子で東京スカパラダイスオーケストラみたいになったら

はさむもんが無くなってこやせんか?

と無駄な心配をする。

否、ハムカツというハムさんの兄設定とか、萌えるかも。。。

楽屋は太平洋ベルトさんが近所の旅館にお泊まりで

そこで準備とゆーことで、ゆったりめ。

ゆったり準備を進める。

戻ってきた吉川君と健康の話をする。

レタスさんに「風と木の詩」を事細かに説明する。

チェキ撮影したりしとったら

いざ本番。

 

-チョココント-

1.聖者が家にやってきた(盛り上がるトコからチョコver.

〜蒲田行進曲〜

2.空を飛びたがった子供

3.君と僕との彼岸の唄

-MC-

4.とんびのカンカン祭り

-Dr+MC-

5.皆殺しのエチュード

6.痴人の恋

〜大人になった僕へ〜

 

で、オオクリいたしました。

歌詞がめろめろなのと歌えなすぎなのと

総体力のゲージが低くなりすぎて、なんとかせんと。。。

何したらえーの?ジョギングとかから始めるの?

喘息なのに??もっと低い位置から何かせんとなー。。。

それの第一歩として歯医者にちゃんと通うなのだが

そちらは続いとる。

こーやって健康の蓄積をしとかんと

不摂生の蓄積が一気にきとる感じがする。。。

おぉぉぉぉ。。。。。。。。

今回の大事件は

「前田一知で〆る最後の台詞!!

【♪チョコレートロッテー♪】

が、

空調の音が聞こえるくらいの滑りっぷり!

前田一知、あまりの寒さに太ももがつった!!」

ですかねw

いや、人生であんなに滑ることって中々ないですよ!

レアですよ!レア!!

個人的には、

心が動く(面白いとか感動)っていうフラグは

「間」と「テンション」が中心で

「意味」がそこにあまり必要じゃない

だからバンドは動かせるのが(お笑いという職業の人に比べれば)

ずいぶん楽にできるんだろーと思っておる。

(間はリズムで決まっちゃうしテンションは曲で決まる)

それがあの滑り。。。やるな。。。前田一知。。。あなどれん。。。

ほんで楽屋に戻って片付けて

安達さんがおったので談話。

安達さんは、どーやら僕を「やなやつ!/耳をすませば的な」と思っているよーだ。

と、僕的には推測しとる。

安達「ベルトのメンバーは今、(旅館の)大浴場らしいですよ」

天野「そうなの?でも今の僕にはいらない情報だなー」

安達「そう言うと思ってました(タメイキ」

天野「え!?大浴場!!!すげー!!!うらやましー!!

いーよねー!ゆったりしてーなーーー!!!」

安達「なんなんですか?(怒」

天野「このふたつのリアクションだったらどっちが嬉しい?」

安達「ムカツクー!!!」

みたいなじゃれあい(?)をしました。

安達さんごめんなさい。悪意は無いです。

NOIZの叫様がわざわざ観にきてくれた。

あんまし喋れんかったなー。。。

もうちょっと喋りたかったという僕の希望。

そのうち、DS大富豪ハッセー!!!

えらいことになるルールがハッセー!!

ぎゃーす!!

これは大変なルールで大変な罠だ!!!

どえらい負けたでよーーーー!!!!!!

時間に余裕がある時はまたメンバーでやるんだろーなw

小雨の降る中、搬出。

前田一知サンの運転で某所の某ラーメン屋へゴゥ!!

スタッフさんも含めて全員でゴゥ!!

旨い!ここでしか食べられないというラーメン。

しかし僕には麺が多い。。。汁が飲みたいタイプ。

そしたら、メニューにスープだけがあったーーー!!

次はそれにしてみようかなーと。

満腹になって盤車は移動。

順番に送られてゆくのだが、スタッフさん達全員が乗ってるのもマレ。

いっぱい喋ってもらう。

面白いなー。感覚が違うとゆーことは。

住んでる位置的に早めの離脱でありました。

 

 

 

帰って

いただいたものの整理をしました。

(猫に悪戯されるづら)

バレンタイン、とゆーこともありまして

たくさん、ほんとたくさんいただいてしまいますた。

 

こんな中年のさえないオッサンが

こういう優しさに包まれると

たまに涙だって出るんだぞ!

 

そんくらい嬉しかったです。

 

がんばろう。

他力本願!他力本願!

金曜日, 2月 5th, 2010

100205_052501.jpg

14歳の世渡り術

人生他力本願

誰かに頼りながら生きる49の方法:上島竜兵

 

どっかのネットニュースで見かけて

面白そうだなー!

と思っていたトコロ

ライブ帰りの高円寺のビレッジバンガードで発見!

サルベージ!(??)しました。

 

 

とても読みやすい。

そして14歳が納得できるだろう内容。

(ただし上島竜兵を生理的に嫌いでなければ)

 

 

自分がさ

14歳の頃の感情や感覚って

あんまし正確に思い出せないのよ。。。

 

具象や文章としては

思い出せるんだけども

 

「親が理解できなくて、

 嫌いだった。

話し合えなかった」

っていうのが当時あったとして

現在も別に裕美(母親)が

理解できるわけでもねーし

好きなわけでもねーんだこれがw(嫌いじゃないよ)

ただ、話し合えるよーにはなったww

 

これは思うに

当時は

「理解できないから嫌いだった」んじゃなくて

「嫌いだったから理解しなかった」んだったら

と。

成長期の遺伝子のホルモンの悪戯的なものだったら

と。

そんなふーに思ったりしました。

 

 

ほんで

この本の最後の方に

上島竜兵と7人の男女中学生との対談が載ってて。

それが、読むと、

中学生はやっぱり中学生なんだよw

対談の文章でもwこれは編集の演出ですか?くらいにw

いや、笑っちゃイケナイ。

僕も中二の病を患っとるモンだでね。

 

中学生の意見は、とても正しいしそういう考えの大人もいっぱいおる。

だたその無駄な辛辣さとか空回り感とかが

中学生とゆーことになるのかなー??

 

「英語の勉強って必要なんですか?」

そりゃ商社マンとかになるだったら英語ができたほーが絶対にいー!

大工さんでも海外の工法を学んだり災害地に派遣されてがんばりたいなら必需言語。

町の八百屋さんとか工場のオッサンだったらバイトに来た海外の人とコミュニケーションがとれれば。

なので将来なりたい職業に合わせて学びない。

将来成りたい職業は何?

「まだわかりません」「まだ決めてません」

じゃあ言われるママにやるしかないですよね?

「でも英語が必要がどうかが知りたいんです!」

みたいな空回り感とゆーかね。

 

数学だろーが歴史だろーが、

大人になっても必要な人は必要。

使わない人は一生使わなない。

パソコンや携帯やゲームだっておんなじだもんなー。

 

 

大人になるとさ

その個人の可能性の選択肢が狭まって

周囲からの答えの選択肢も狭まって

答えが見えやすくなってくるんかなー?

 

例えば僕が

「英語の勉強って必要ですかね?」

ってメンバーやバンドマンや事務所の方々に質問したら

「今の時代、やっといたほーがいーですよ!」

っていう人は、おらんと思うんだよなー。

 

思うに

僕らは、もう投げられてしまったボールなんだろーなー。

進む方向も距離も速度も、ある程度の予測ができる存在。

何かを変えるにはトンでもないパワーがいるんだよきっと。バットとか。

中学生は、まだ投げられてないボール。

どこにどの速さで飛んでくかはあなた自身の選択ですよ。みたいな。

 

 

まー僕はどこにどー飛んでっても

なんとかなるとは思っとりますけどね。

動かなかったり

水に落ちたり

どっかの木の枝に引っかかったりしても

それが格好良かったり笑えたりすんじゃねーかなー。

 

こんな男が36年生きてこれる日本とゆー国はえらいもんですw

 

 

いやほんと、

大人っていつなるんかいね?

100130 表参道FABの思い出。

火曜日, 2月 2nd, 2010

朝、寝坊せずに起床。

沼倉サンに迎えに来てもらってゴー!

ゴキミ君と合流してゴー!!

車は少し多めの日でした。

表参道は人が多い!!

「何しにきとるんだ?」と思う。

僕なんか日常で表参道に行く事がないので

よーわからん。毎回書いとるキもする。

搬入をぱっぱとする。

恋愛が下手なスタッフ陣に

恋愛についてリクツっぽく書かれた本を貸す。

勉強しろ!

今回の楽屋は奇麗な方。

しかし奇麗な方は禁煙なのでちとキツい。

リハをさくさくこなして楽屋で談笑、

しつつ早めに準備をしてしまう。

ちゃっちゃとチェキ撮影。

ちゃっちゃとお客様との撮影。

舞台直結のいつもの楽屋(喫煙可)でしこたま緊張して

いざ本番。

 

-口上-

1.物になったモノ

〜蒲田行進曲〜

2.歌題 僕はタタカわねばならない

-MC-

3.ケガレモノ達のララバイ

4.二人は大人に成りました

-Dr+MC-

5.大問題!されど快晴。

6.駆け昇れ!感情!!

〜大人になった僕へ〜

 

で、オオクリいたしました。

MC的には美○押しとMJ押し。

ポーゥ!!

すんません歯医者とTHIS IS ITの影響です。

歌詞は今回も少々オカシゲでした。。。

苦手なんですすんません。。。

あと、機材をほんのちょっとレストア的に新しくした。

トラブル無くなってホッ。

ギターもちょっと治したいかなー的な。

音に興味が無いとゆーか執着が無いので

「楽器って高いもんなんだなー。。。」

と、あらためて思ったとゆー。

あとは人のレストアだなw

事故も無く本番終了。

楽屋で

どこまで書いていーのかまだわからん撮影をちょっとする。

わかったら書きますー!

よをしのぶかりのすがたに戻ってたら

機材だけの搬出が終わっとった。。。ありがとうです。すんません。

沼倉サンに教えていただいた外れの蕎麦屋に行く。

おーこんなところに蕎麦屋が!ちょうどよく空いている!!

そこで鴨南蛮そば(暖かい方)をいただく。

これはなかなか!なかなかのモノだー!!

基本的に洋食に興味が極薄なので表参道にありがたいお店発見。

楽屋に戻り談笑につぐ談笑。

片付けが知らぬ間に進んでいて残りの荷物を搬出。

ぱぱぱと積み込んで盤車は進む。

途中で皆さんは最近都内ライブの帰りの定番ラーメン屋へ。

僕は街をふらり!ビレバン発見!!!

めちゃくちゃお買い物をしちゃった罠。。。あぁぅ。。。

その後、送り送られ無事帰宅。

そしたら近所で改装中だったビルテナントが立ち飲み屋になっとる!

行かな!!

お酒の品揃えがとても僕が好きなモノでたまらん!!

えぇ酒じゃなくてBな酒!東京でのBな酒!!

数杯呑んで帰宅。

428(Wii)をやりながら呑み直しつつ撃沈。