打ち合わせ的な練習的な。

100330_220201.jpg

なるはやで所用を済ませて

アーデル・リッターの台本を読んで

あんまし頭に入らないママで

都内某所で

打ち合わせ的な

練習的な。

 

もう寒かねーんじゃと

薄着で出かけた。

寒っ!!

 

秘密基地で

いそいそとこなす。

まーまーつかめて来たよーな

頭の中に動きとか位置取りとかが

見えて来たよーな。

 

そんな感じになりました。

 

 

台詞は全然入ってないケド。。。

本格的稽古、発動。

100329_185701.jpg

本日は早い時間に用事を済ませ

アーデルリッターの皆様の集まる

都内某所へ。

 

なんか今日は

電車に人が多いなーなんて思いつつ

スタジオ到着。

 

知り合いばっかしなんで

なんか緊張感がないなー的なw

 

いざ読み合わせ。

あー。。。

出番が多いよー。。。

 

最初からそういう位置だって知ってた。

けど

緊張してきちゃいますよ。

 

まーなんとかせんと。

 

とりあえず

新しい蛍光ペンを買いに行くところから

始めよう。

 

 

 

 

その後

一部のアーデルリッターの皆様と

お食事。

 

都内某所の

昭和のママみたいな

居心地の良い中華料理屋で。

最近、

そういう場所を探すのが趣味。

江ぐち、みたいに

いきなりなくなっちゃったりするからなー。

一度は訪れたいもの。

東京には

そういう場所が案外と沢山に残っとっていい。

もっといー店を探して行きたいなー。

 

 

珍しく酒も呑まずに皆様と帰路。

 

家に付いたら

「あー春休みだで人が多かったのか!」

と納得する。

動物好きはいーのかわるいのか。

僕はココ10数年、

2匹と暮らしておる。

 

しかしながら

「猫が好きなのか?」

と冷静に考えると

 

うむむ。

 

なってしまう。

 

好きなんだよ。

たぶんぜったいに

動物を飼っていない人よりは

好きなんだよ。

町を行く犬も愛でるし

動物園にも行くんだよ。

 

でもそれは

「動物の

 僕に都合の良いトコが好き」

なんであって

 

それを

「好き」

と言って良いのだろーか?

 

というキモチにもなるんだよなー。

 

正直

「猫達めんどくせーなー」

っていう日もありますしねー。

 

まー10数年も一緒に過ごしとるんだで

相性は悪かねーんでしょーなー。

 

出会いちゅーもんでしょーなー。

 

10数年前に黒男とピノ子を

飼う事になったちゅーことが

動物飼いとしての出会い的なな。

 

 

 

動物好きがいーかわるいかちゅーのは

不思議なもんで

イルカも好き。

アザラシも好き。

だけど

殺すなー!

と声や行動をあらげる人達は

どーにも好きになれん。

 

 

 

 

 

ところで

 

猫好きの人って

犬も好きな人が多いキがしとって

犬好きの人って

猫はダメって人が多いキがしとる

んだけど

 

みなさんどー感じてます?

セルビアンナイト

最速フィルム&トークイベント

「元帥’s〜始発までもう一度観てみよう〜」

 

出演:楠本柊生帝國元帥

ゲスト:天野鳶丸中将、砂糖音零少将(S@TT-ON)、犬神情次中佐

 

日時:2010年4月11日

23:30open/24:00start

 

場所:川崎Serbian Night

 

 

[TICKET] 全席指定

前売¥3,000 (座席番号付・D別)/当日¥3,500

 

[一般発売日] 2010年4月4日(日)

 

[取扱] ローソン(Lコード:未定)

0570-08-4003

 

[お問い合わせ] セルビアンナイト:044-233-3637

 

感覚は生まれつきなのかしら。

100327_151201.jpg

地を這う魚

ひでおの青春日記:吾妻ひでお

 

吾妻ひでおセンセの

エッセイっぽい漫画はとても好きだ。

 

 

ものすごく共感するんだよなー。

コマに満ち満ちている

他人や

溢れ出て来る生物の

感覚が。

 

なんでもないことなんだけど

すっごく

ゆんゆんするとゆーか。

なんかそんな感じ。

 

地を這う魚とは

なんといータイトルなんだろー。

しみじみ思ったり。

 

 

 

 

 

 

アルコール依存症になる人間とゆーのは

こーゆー感覚があるとゆーことなのか?w

 

なんてね(薬師丸ひろ子/紳士同盟)

バリアをフリー!

100326_161201.jpg

五体不満足:乙武洋匡

 

いわずとしれた大ベストセラー。

12年も前の本。

 

550万部も売れとるのか、、、

すげーなー。

 

 

乙武センセの幼い頃からのエッセイが

だだだーと読みやすく書いてあって

 

いや面白い。

興味深いという意味でも面白い。

 

 

この本は

オビにある

「障害は不便です。だけど

不幸ではありません」

「感動は求めません。参考に

してほしいのです」

 

が全てだなーと感じた。

 

ほんでも

求められてない感動はしました。

じ〜ん(藤子F藤雄先生風に)

 

 

 

 

 

ビョーキだーナンダーとありますが

それはコセーですよ。

うだうだ言っとる暇があったら

コセーは伸ばしたほーがいーんじゃねーかなー。

死んだり入院したりせん程度にだけどw

 

まずは自分のココロのバリアをフリーにせんとねー。

色々した日。

100325_180701.jpg

都内某所にラーメンを食べに行った。

 

店員さんに

「何名様ですか?」

と聞かれたので

「ひとりです」

と指を一本、上げて言った。

 

 

 

 

親指を上げて。

 

店員さんが

で〜ら困惑した顔をした。

 

あーやっぱり指には意味があるんだなー。

人差し指

中指

親指

それぞれ意味が違うんだな。

そんなコトを思った。

 

僕の行動は

感覚的には

GOOD!」

みたいな感じだったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

桜が咲くだのなんだのとゆーと

キモチが急かされてしまうので

しだれ桜なら咲いているのでわないか?

とかいう考えが頭をもたげて

いざ!!

雨なうえにたいして咲いてもいない罠。

そして人も全然にいなかった。

夜だったし。

ひとりで酒もってって呑んだだけという事実。

 

でも

僕のキモチの中では花見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスパー○東の行きつけのお店に行った。

前にいた

回転寿司にもいた

あのママはおらんかった。

な〜んも事件はおきんかった。

でも

不思議と濃い空間なのは確かだ。

変な常連とかが多い。

メニューも謎が多い。

焼き餃子は300円で

水餃子は350円。

セットメニューのメインは水餃子で

「水餃子は+50円で焼き餃子に変更できます」

と、書いてある。

ううむ。

通う。

エスパーに会えるその日まで。

捻れているのはオレかオマエかさてまた世界か。

東京は都会だからか

たまに見かける。

 

個人的には

私鉄沿線のそんなに大きい駅じゃないトコで

見かけるよーなキがしてる。

 

 

物を売ってる人。

自転車やリアカーで

物を売ってる人。

 

主に、

 

有機野菜らしいモノ

手作りっぽいパン

手作りっぽい豆腐

等を

売ってる人。

 

 

 

商品には興味がないタイプ。

 

 

ただ

人に興味があるタイプ。

 

 

売ってる人が

 

「どっちかってーと

健康な食品を食べて欲しいってより

ベンチャー?

だけど資本金ないもんで

こっから始めてます」

みたいな雰囲気だと

絶対に買いたくねー的な。

商品も見たくねー的な。

 

「健康は食べ物から!

あなたがこれを食べることで

地球も健康になります!」

風なオーラ、

美味しんぼ的な空気感、

高○沙耶的な押しつけ感だと

ちょっとキになる。

買わないけど説明文は見る的な。

するとで〜ら説明されちゃう的な。

 

「………

………

……ブツブツ…」

の様な

なんかの神の香りがどことなく溢れ出て

眼鏡で不器用な長髪とかだと

買いたい!

あー買いたい!!

それどんなカルト?

覚醒的なのするの?

説明文を読んでても

話しかけられない的な。

あ〜モ〜。。。

応援したくなるなぁ。。。

 

 

 

 

僕にも偏見の目はありますなー。

関節を鳴らすのがクセ。

「関節をポキポキ鳴らす」

 

嫌なヒトには嫌がられるこのクセ。

 

 

僕はあるんです。

全身鳴らすんです。

全身鳴らしたいんです。

 

いーとか

わるいとか

置いといてくだせー。

 

 

 

 

 

 

不思議に思ってるのが

 

「とある日は

ココの関節が一日中鳴りまくる」

のに

「違う日には

ソコの関節は全く鳴らない」

 

とかだったりするの。

 

下手したら

数ヶ月単位でこういうコトになったり。

 

 

体調や姿勢とかが関係しとると思うんだけど

自分じゃ全然に管理できないとゆーか

理解できてないとゆーか。

 

なんなんだろーコレ?

 

北斗の拳的なナニカなのかしら??

先走り過ぎた!

ぼけーと目覚めた。

ニュースを見た。

 

もの凄い勢いで

やらなきゃいけないコトを済ませ

都内某所へゴーーー!!!

 

はーやーすーぎーたー!!!

100322_164801.jpg

 

 

東京の

桜開花宣言を聞いたオレは

家を飛び出して

お酒を買って

花見スポットに

馳せ参じたのだった。

 

かんっぜんに

日常モードだった。。。

 

桜が咲いて

花見モードにならないと

 

「ただ昼間っから酒を呑んでいる

とても駄目な人」

 

にしかならないので

ちょっと躊躇。

 

 

したが

 

呑みました。

一分咲きにも満たない花見でした。

 

が、この自分の行動に

充分、満足しました。

 

とさ。