Archive for 3月 19th, 2010

ヒートテックのあり方。と、やなせたかし先生を尊敬しなおした日。

金曜日, 3月 19th, 2010

パンツとズボンの間の衣類。

 

ももひき、パッチ、

なんか

着てしまうと

若者ではなくなってしまうのでわないか?

そんな恐怖さえある

ももひき、パッチ。

 

最近はヒートテックなんつー呼び方をしたりして

ちょいお洒落ですよ感をかもしだし

さらにはカラフルな物も増えている。

 

そりゃそうかもしれん。

いくらヒートテックという名前であれ

着替え中には

黒だと

江頭○:50やエスパー○東の様なスタイルになってしまう。

白やベージュ、グレー系だと

「それなんて練習中の熊川○也?」

と自問自答する瞬間はきっとある。

 

それを回避する為のカラフルヒートテックなのでわないか?

 

そのうえ

どんだけ頑張ったところで下着だ。

隠れたお洒落になるわけだ。

 

だったら

ガツンと思い切ってお洒落にしたい!!

 

っつーことで

僕がユニクロに

ヒートテックでコラボレートして欲しいのは

 

 

 

プロレス団体!

 

 

三沢光晴モデル

初代タイガーマスクモデル

が出たら俺は買う!

獣神サンダー・ライガーモデルにいたっては

上下で揃えられる!!

 

これなら

スーツを着ていたとしても

「ふふふ、、、

街の人にはサラリーマンに見えるかもしれないが

中身はタイガーマスクなんだぜ」

感も味わえるってものだ。

 

やってくんねーかな。。。

ユニクロ。。。

 

 

 

 

 

 

やなせたかし先生。

 

今日、

アンパンマンに出て来る

赤ちゃんみたいなキャラクターが

「あかちゃんまん」

だと知って

その巨匠っぷりに

脳が震えました。

 

「赤ちゃん」が「マン」でもいいじゃないか!

「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」

「これでいいのだ!」

のような

凄みを感じました。

 

僕だったら悩むよなきっと。。。

 

いまだに

「玉葱さん太郎」

「さん」

何なのかよくわからない37歳。

 

「キャベツ太郎」には

「さん」がないのになー。

 

巨匠になるには

悩んではいかんのかもしらん。

お前はそこに何を求めるのか!!

金曜日, 3月 19th, 2010

100318_192501.jpg

今日は回転寿司へ一杯呑みに。

 

回転寿司はいー。

安いし

マイペースで食べられるし

誰にも干渉されないし。

 

ネタだけ食べるという暴挙をしても

怒られないしな。

 

 

僕は

外で呑む時に

食べたいモノを食べないパターンが存在する。

 

自分が好きなモノばかりを食べると

「あぁ、これの味って自ら進んでは食べないけど

けっこー美味しいもんだな〜」

っていうの忘れちゃいそうなので

これは自分自身に課したコトなのだ。

 

僕が

いつもの感じで回転寿司に入ると

のり巻き(鉄火orかっぱ)

光り物をいくつか。

白身をいくつか。

熱燗をいくつか。

 

というのが定番。

だが

今日はそうじゃない気分なのだ。

 

俺は思う。。。

【自分で自分を裏切れ!!】

 

あえて

回転寿司でビールを呑みたい!!

暖かくなってもきたし

喉も乾きギミだったし

ビールでいきたい!!

 

そうなると魚は駄目だ。

肉っぽい寿司にするしかない。

魚とビールの組み合わせはあまり好きでわない。

 

すると

コーンマヨやハンバーグや

下手したらカルビとかがセレクトされるコトとなる。

 

画像にあるのはソーセージ。

無理に寿司にしなくてもソーセージだけでいいんじゃないか?

と、思ってはいけないのかもしれない。

それに案外、みんな食べてるんだよな〜。。。

こういうモノを。。。

 

これは僕が

海の近くで育った上に

魚が好きだから感じるコトなのかもしれない。

寿司とゆーものに求めるコトも色々あるんだろーなー。

ってサーモンしか食べない人とかを観察しながら

思ったり。

 

ほんでビールで満足(?)した僕は

魚介類の介のほー(イカタコエビ等/普段あまり食べない)を中心に

熱燗で〆。

魚介の介のほーの寿司もありやなーと思いながら

お会計に、、、

 

に?

 

 

に??

 

 

エスパー○東の行きつけのお店のママがおるーー!!

女友達3人で、で〜ら盛り上がっとる!!

なんでこんなトコに来とるんだあそこのママ!!

 

あ゛————!!!

すっげぇキになる。。。

キになる。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさーーーーい!!!

 

突撃する勇気が

ありませんでしたーーーーー(涙)

 

 

しかし

あの店には通うしかない。