Archive for 10月, 2012

やっと訪れたセンチメンタル。

金曜日, 10月 26th, 2012

閉館して1ケ月以上も過ぎました。

このブログはいつまで書いててもいーもんなのかしら?

 

そんなギモンも、持ちつつ、書きます。

 

 

 

ぼーと深夜に

インターネットをしとったんですよ。

ニート生活中だから。

テレビもつけっぱなしで。

 

すると

あるじゃないですか

「色んなバンドのライブの一瞬ばっかり流れる番組」

ってヤツが。

 

ほんで

パソコンの画面を見ながら

テレビの音を聞いていて

(失礼ですが)とある名も知らぬ方の曲が流れてきて

その音が耳に入ってきたトキ。

 

「あ、このギターの音、すっげぇ好みの音だなー」

 

って感じて

 

その瞬間に

 

「あー、、、僕って本当にバンドが好きだったんだなー。。。」

 

って考えちゃって

 

やっと

涙が出て来た。

 

 

 

 

少しだけ、すっきりした。

 

 

はやいこと健康になろう!

普通のおっさんになろう!

 

そしたら現在ならどんな方法でもあるじゃないか!!

辞めてから「良かったなぁ」って思ってること。

金曜日, 10月 19th, 2012

いやべつにのんべんだらりとした日々をおくっておるだけなので

「やったー!良かったー!!」

なんてことは、ひとっつもないわけですがね。

 

名前。

僕、「天野」は本名なんですけど「鳶丸」はあだ名で芸名なんですよ。

昨今のインターネット時代、同級生とかが検索するんですよ。

僕もやったことあるけどw

もーさ、

ツイッターとかフェイスブックとかあるわけじゃないですか。

「この人達ってもしかして友達じゃない?」

ってゆーメンドクセー機能もついてたりするじゃないですか?

 

芸名でやってて良かったと!

 

ゴキミを覗く他旧麺は本名なんで

もし誰か麺系でない知人が検索したら出てきちゃうじゃないですか?

就職したりして会社の上司とかに

「おーお前顔真っ白にしてバンドやっとったんだってな!

 ネットで観たぞ!楽器できるんだな(演奏ポーズ付き)」

とかヤラレタラ!

 

タヒにたい。

その場で舌を噛み切ってタヒりたい。。。

 

あー

本名じゃなくて良かった。。。

120922高田馬場フェイズの思い出(閉館当日)

日曜日, 10月 7th, 2012

120922_173701.jpg

本日も緊張して早めに目覚めて入浴。

簡単な手荷物で電車でゴー!!

会場では前日に準備しちゃったので落ち着いて落ち着いて。

やっぱし案外と感慨深くなく坦々とこなす。

そういうとこがオトナだなと思う。

本日も公開リハなのだ。が、前日にある程度打ち合わせしちゃってて…

単なる練習って感じをお見せしました。ネタバレしつつ。

楽屋に友達がいっぱい来てくれて

メールもいっぱい来ました。

嬉しかったなぁ。

本日の衣装は黒学ラン。長年ありがとう。

あと、機材にもありがとう。

今日もまた客入れの関係で10分程の押しで開演。

 

 

~蒲田行進曲~

1.空を飛びたがった子供

2.二人は大人に成りました

ーMC-

3.そのままでいいよ

4.どうしてくれようこの~

5.不安、来た。

ートークタイムー

6.痴人の恋

7.形而上気分でロックンロール

ーMCー

8.赤い花・空の青

9.紙芝居ブギ

ーDr+MCー

10.大問題!されど快晴。

11.ブ然たり

12.紺碧さに誘われた子供(長いver)

~清怨夜曲~

 

en1

1.日曜日の朝

2.滔々と

3.ダダだ

 

en2

1.僕はタタカわねばならない

~コメントVTR

 犬神さん、元帥、松島くん、山田くん

 エンドロール~

 

 

今回は昔からの思い入れのある曲を中心に。

だらだらと曲説明したりしつつゆっくりとやらせていただきました。

トークタイムは、もっとゲストを呼びたかったんだよ!

ホントだよ!

ただスケジュールの都合が付いたのが吉川君だけだった。

みんなオトナになってしまってなー。。。トホホ。。。

僕もオトナにならんといかん。

それでも吉川君の暴走が凄くて面白過ぎたので良かったのでわないかと。

ちゃんとグルグルの吉川君の衣装で来てくれたしね。

嬉しかったなー。

 

本編ラストの紺碧さ~でお客さんの鳴き声が聞こえたのは

ジーンとした。

 

でもそういうバンドじゃないんだよ。

 

「グルグル映畫館のお話はこれまで」

 

って思ったらサプライズ映像が!!

松っつんと山ちゃんはおどろいたなぁ。

変わってなかったし。嬉しかった。

けど、泣けなかったなー。

帰るまでが、って思ってたから。

後から連絡入れたけどね。

「ありがとう」って。

 

 

前田号で家まで送ってもらって機材を家に運んで

独りで近所の中華料理屋で簡単に呑んで打ち上げ。

あんまし実感は湧かなかったな。

 

疲れたなぁ。

って思った。

 

 

 

120921高田馬場フェイズの思い出(閉館前日)

日曜日, 10月 7th, 2012

120921_194001.jpg

朝早めに起きて入浴。

楽器等は前日にアニキ号に積み込んだので手荷物で電車でコヤまで。

緊張により早めに到着。

ぽちぽち準備しつつ皆を待つ。

ゴキミ、沼倉真前田と到着。

楽器の準備。

長年の愛着があった空色の1号ギターは調子が悪くなってしまいまして

赤色の2号ギターなのです。

 

今回は公開リハとゆーコトでお客さんに見られながらのリハ。

えぇうちはだらだらリハなんですよ。

特にこだわりもなく?いつも大体一緒の中音だし、

どっちかってぇと確認事項と練習をちゃっちゃとするだけです。

ですがお客さんもいるので長めにやりました。

ネタバレしつつ。

 

談笑しながら準備。

あんまししんみり感はなくいつもどーりにコトは進む。

僕はといえばちゃんと最後までできるかが心配で

悲しむ感覚はあまりなかったな。

衣装は僕は白学ランで他麺は青学ラン。

ジョニーパイソンとジュンロー君がコメントを録画しに来てた。

ジュンロー君はキマりギミだった(アルコール)

 

客入れの関係で10分程押して開演。

 

~蒲田行進曲~

1.奇人凡人物語

2.鬼窟のかぞえ唄

ーMCー

3.君と僕との彼岸の唄

4.あたし気にしない

5.透明な存在の僕

ー長MCー

6.知ったかぶりの猫かぶり

7.破戒

8.想像

ーDr+MC-

9.駆け上れ!感情!!

10.皆殺しのエチュード

11.百万回目の夕方に

~大人になった僕へ~

 

en1

1.六畳一間唯我独尊

2.14歳の斜陽

 

en2

1.とんびのカンカン祭り

 

 

いちいち曲の説明とかをしたりして

のんびりとやらせていただきました。

長MCはLMCと書くと(短MCはSMCと書く)意味が分からないかなと思い

そう表記してあります。

 

全体的にカンがとりもどせなくて丁寧にやろうと思ったんだけど

巧くいかんかったなー。声とか出てなかった。

カンペ見過ぎw

今回のセットリストは、僕の思い入れのある歌詞の曲を新しめの物から選曲。

元気の良いのより聞かせるのが多い感じになったのかしら。

長MCは新メンバーとのなれそめをばだらだらと。

忘れてるコトもあんがいあるもんだね。思い出して良かった。

いー思い出になった。アニキ真ちゃん玉君ゴキミありがとう。

 

片付けて帰り。

明日もあるので搬出もなくぱぱぱと。

 

あのね

僕は出待ちは嫌いじゃない。

だけどコヤや街の住民の迷惑になるのは嫌なのです。

なので

逃げる様に車でゴー!

 

お酒も呑まずに寝てしまいました。