六一〇。

創業102年の入浴剤が亡くなった。

 

実家の脱衣所にぽつねんとあった。

人気を完全にバスクリンに奪われたあいつ。

時に温泉偽装問題に使われたあいつ。

 

もしかしたらまだ実家の脱衣所にあるかもしれん。

それが実家ってモンだ。

 

 

 

 

名古屋で10数人の会社だったみたいね。

感傷的になるわー。

(使ってなかったけど…)

 

 

102年せっせとやっとっても

自分達が悪いんじゃなくっても

こーなってまうのなー。

 

 

恐るべしマスなコミュニケーション。

恐るべし販売自粛要請。

そして

恐るべし国民。

恐るべし国家。

 

金融屋さんとかを助けてあげるのもいいけど

こういう会社も助けてあげてくださいよほんと。

 

 

ほんでもまーよのなかなんてこんなもんだで

ぼくわ、なんとなくたのしいほうえ詰むまでいこまいかね。

Comments are closed.