宦官。

ユニコの「去勢のご相談」に行ってきました。

 

 

これまでもユニコのワクチンとかで行っとる病院だもんで

「去勢する時って予約とかしたほーがいーんですかね?」

って質問しとって。

ほしたら

「そのまま来てくださってケッコーですよ」

とのこと。

だったもんで本日イキナリ行ったわけです。

 

 

 

受け付けで

「猫の去勢をお願いしたくて〜…」

と言ったら

「去勢のご相談ですね。お名前をお呼びしますので〜」

と、返された。

 

こちとら別に相談したいわけでわないのだが…

 

「天野さまぁ〜天野ユニコさまぁ〜」

と呼ばれて診察室へ。

ひととおり軽い検診を受けて去勢日を決定し

それまでどうするかシートをいただく。

 

 

 

 

んー…

黒男もピノ子もこんなことせんかったのになー…

なんか病院に

「お願いします」って渡して

「できました」って引き取りに行っただけな気がする…

病院によるのか時代によるのか…

 

愛玩の愛がたいへんなコトになっとるんかね?

わしゃ手術が失敗してもあんたを責めやせんですよ。

泣きますけど。

 

 

 

 

 

まー黒男やピノ子は十数年も前のコトだでなー。

キャリーケースもなんかダサい感じになってきちゃっとるもんな…

そろそろ新しいの買った方がいーのかな…

 

Comments are closed.