第拾八話 命の選択を

タイトルはエバーのです。

 

 

 

脳死だー心臓死だーと

なんかえらいひとがやったみたい。

そーゆーニュースは

いーのかわるいのか

 

私個人としては

とてももにょったキモチになる。

 

 

人の死の定義するとゆーのもそーだけど

そもそも

それが臓器移植のための定義なんだよね?

今回のニュースはきっと。

 

 

医療ってさ

善意なわけじゃないじゃない。

そらまー善意な人とかもおるだろーけど

基本はビジネスとしてお仕事としてあるんで。

だから私達も(保険がどーこーあるけど)

治療されるとお金を払うんだし

ビジネスがうまくいかんと潰れる病院もある。

ほんで歯医者なんかじゃ治療の前に

どんくらいお金をかけるのか質問されるとw

 

その需要と供給がうまいことなって

医療の側と患者の側の

えーバランスんとこにすると。

 

そーゆービジネス。

 

 

でも

人の生き死にが関わってくるとさ

なんか、

いきなりえらいひとたちが

やんややんやとやりださんといかんのだなー。

 

人が死んだかどーかも

法律に決められんといかんのかー。

 

 

 

ちっちゃいコは

ホンキで移植の意味とかが

解っとるんだろーか?

とか、

臓器を売ってもいーから

いまこの瞬間にとてもお金が必要な人は

自殺する人が多いんだろーな

とか、

そーゆーのも含めて

 

正しさとか倫理とか

信用しとらんのだよね。

 

 

 

 

 

 

 

タマシイってさ

横一列に並んどるよーな感覚なんよ。

いや、3次元の中にぱーっと

それぞれがそれぞれの居やすい位置におるだけ

みたいな感覚。

ウイルスも菌も蟲も植物もなんでもかんでも。

「どんな生き方にぐーぜんなってしまったかクジ」

をひいたか、ちゅーだけでさ。

食物連鎖も縦じゃねーんだし

そー産まれちゃったもんは

それでやるしかねーもんなー的なな。

善し悪しとか上下じゃなくてさ

 

MOTTAINAI」も、えーけど

SYOUGANAI」も、広めよーぜ的なな。

 

 

 

 

みんなホントはわかっとるんじゃないの?

イノチに価値なんて

本当は無いってコトなんてさ。

歴史も生物も物理も勉強させられてさー。

自分が損な

哀しい気持ちになるとか

これから寂しいとか

なぜ自分だけとか

そーゆーのんになりたくねーだけなんじゃねーの〜?

「人の死が哀しい、辛い」

んじゃなくて

「知っとる人か自分の死が哀しい、辛い」

ってコトでしょ〜??

って

ヘリクツさんは思ってしまうわけですよ。

 

 

 

私は損なクジをひくのは嫌だけど

そーゆーのんで争うとかは

めちゃめちゃ哀しーキモチになるので

もっと厭です。

 

 

 

でもまー

お母んとかが

管と機械で生きとる身体になってまっても

臓器を差し上げれば

安楽死だとか言われんで済みそーだ。

とゆーのは

とても良いなーと

思うわけです。

 

 

 

私は移植されてまで生きたくないと

現在は思っとるなー。

あげるのは別にいーけど、

意識がもしかあってもさ。

(使えるのかどーかはおいといて)

 

 

とりあえず

読み直し始めて

現在2巻のブラックジャックを

読み進めながら寝ます。

Comments are closed.