ラーメンと自分。

091030_105601.jpg

無敵のラーメン論:大崎裕史

 

この本は、ラーメンとゆーものを

ダシ、タレ、麺、具材、がどーゆーもので

全国各地のご当地ラーメンの歴史をひもときつつみたいな。

いわゆる参考書になりそーな本。

 

僕はラーメン本に関しては

ランキング本、紹介本等も嫌いじゃない。

ただ文字の本がもっと読みたい。

しかしあまり沢山は存在しないのが悲しいトコロ。

ラーメンの歴史の浅さであろーか。

 

こんなラーメン本ありますよ!ってのあったら

紹介しておくんなせー。

あ、「江ぐち:久住昌之」をまだ持ってないや。。。

三鷹の駅近くのでかい本屋なら置いてあるだろーと

そんな気持ちで三鷹に行って江ぐち食べてふらふらしたけど

見つからなかったんだもん。

最近、インターネットでの注文もできるえらいこになってきたので

家がもー大変なことになってきています。

 

あとディアゴスティーニっとるでか

近所の本屋のオッサンと顔見知りになった。

注文とかに緊張をあまりともなわなくなった。

お財布と収納がテラヤバス。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンと自分。

 

名古屋におる時はラーメンフリークでは無かった。

好きだったけど。

スガキヤ、藤一番、麺テリア異人館、味仙。

たまに本郷亭かな〜くらいで充分満足しとった。

ところが、だ。

東京に引っ越してきたらソノテの味はどこにも無い!!

えらいこっちゃやで!!マジで!!

気軽に食えとったもんがどこにもにゃ〜!!

あっちこっち食べ歩く。違う味!

本を買って食べ歩く!違う!!

今なら、東京で流行っとる本なんだで名古屋の味なんかにゃ〜って分かるけど

当時の僕はそんなにラーメンのご当地性も歴史も知らんもんだで

とにかく無謀に食べ歩いた。

 

正直、絶望したーー!!!

 

だって名古屋のラーメンはどこにも無いんだもん。

今では大好きな蒙古タンメン中本も台湾ラーメンとは違うものだったし

今では大好きなラーメン二郎も名古屋には無かった味だ。

 

いやしかし

そこで僕は考えた。

「せっかく東京におるんだで、

いろいろな老舗がある!

漫画家が行った店

作品に出て来る店

そんなお店を食べ歩くのは

味ウンヌンじゃなく素敵で楽しいのでわないのか!」

それをちまちまと始める。

楽しくなってくる。

名古屋のラーメンの味じゃないけど

これは東京のラーメンの味、そして歴史なんだ。と。

そうしたら蒙古タンメン中本もラーメン二郎もとても美味しい!

求めとった物ではないけども

こういう味の歴史があるのだ。

そうなると、

何故、名古屋のラーメンはあーなったのか?

がキになってくる。

全国にちまちまと行けるお仕事をさせてもらっとるもんだで

全国の味と歴史がキになってくる。

なんでなんだろー?

なんでなんだろー?

本やインターネットで調べて行くうちに面白くなってきちゃって

現在に至る。

と。

 

 

最近のラーメンと自分は

流行り過ぎとってなんかメンドイ気分になるのです。

なんか金もーけの匂いとか、するじゃん?

なので最近は先日の日記にも書いた

「パラダイスなお店」を探してふらふらしとるのです。

 

頼んでもないのに大盛りが出て来て後ろに行列しとって必死に食う。

のも、楽しいもんですが

もーちょっとのんびりしたいオジサンなのです。

Comments are closed.