お酉様。と、見世物。

091112_180101.jpg

神様の存在について

僕は

「いるかいないかわからないので

しんじていーかよくないのかもわからない」

とゆーとても中立な考え方をしとるんです。

 

しかし

縁起担ぎやお祭りは好きよ。

とゆーことで新宿は花園神社にレッツラゴー。

実はここ数年、毎年熊手を買ったりしているのだw

その熊手の小ささが僕らの活動の小ささを物語っておるのかもしれんw

 

去年までの経験から夜は大変混雑が予想されるため

夕方前の明るい時間からの攻略とゆーことで。

はい正解!

ほどよい混雑であります。

ちゃんと並んで参拝して

去年の熊手とお守りを奉納して

新しい熊手(招き猫タイプ)とお守り(健康系)を買って

いざ呑みターイム!!

 

沢山ある屋台のどれもがおつまみにできるとゆー

素敵な場所と時間。

人間観察も楽しいよ(はぁと)

 

とりあえずはビールでしょと

屋台でビールを買う。お高いビールを買う。

お祭りでは「コンビニに行けば安く買えるのに…」なんて言っちゃぁ駄目だ。

わざわざ屋台でお高いビールを買うのがいーのだ。

これがお祭りの参加費用。

そもそも屋台の食べ物など不味くて高いものなのだ。

そこは雰囲気に払うお金ですぞー。

 

それにしても寒い。。。

絶対、最初にビールを呑むと思って厚着してきたのに寒い。。。

ビール失敗かなー。。。

なんて思いながら隅っこで牛ハラミ串(無駄にでかい。そして固い)

でビールをやっつけながらぼーっとする。

 

ホスト多っ!!

場所柄も時間帯もあるだろーが

ホスト多っ!!

1/3くらいの確率で同伴(女性)がおる。

あれがおるのとおらんのでは

スライムでゆーところの緑色と橙色(ベス)くらいの違いがあるのだろーか?

いやそれとも銀色(メタル)くらい?

いやしかしホストとゆーものは何故こんなに目立つパターン認識みたいな格好なのな。

もしかしたらオジサンにはわからんが、甘ロリやゴスロリくらいの

本人にとってみたらものすごく大きな違いとゆーものがあるのかもしらん。

そして小さな集団でボスがぱっと観てわからん感じが

バブリーな縦社会を観てきたオジサンには新鮮よね。現代って感じ。

 

なんてことを思ったりしながらビールをクリアー。

酔ってしまう前に、日本でひとつだけ残ったとされる見世物小屋を観にゴー!!

…開いとらん…

「いつ頃から開演なんですか?」と問うと

「もうすぐですから〜」との答え。

…きっと小一時間はあるなー…17時くらいか?

ちゅーわけで海鮮網焼きな居酒屋屋台に腰を据える。

はまぐり、姫サザエとワンカップの熱燗をふたつ。

みごとにあったまる。アルコールの力ってすごいよ!(駄目発言)

他にも魅力的なな海鮮が色々あったが

牛ハラミ串の堅さに歯が限界説(治せ)

そして最後に楽しみに残しといた姫サザエのワタと少しの日本酒。

そのワタを口に…ガリッ…砂だらけやないかーい!!

がっくりしたよーな気持ちで残りの日本酒を呑み干すと17時ちょい過ぎ!

いざ見世物小屋!!!(きっとこれが本当の目的)

 

 

 

 

 

 

面白いとか面白く無いとかでわない。

お祭りの端っこのテントの中で

手作り感満載の

日本独特の興行が行われとるのだ。

これが素敵でないわけがない。

ちなみに僕は

3年前から所属しとる蛇食い少女の方を応援しとります。

そして今年からはなんと!

ギャルの新人がーーーーーーー!!!

クリビツギョーテン!!!

何故?何故ギャルがーーーーー!?

 

僕が感じるにギャルとゆーのは

「私は私だ(フツーの人と同じじゃない)」

とゆーことなのだろーか。

自分を常に鬱状態に追い込むことも

自分を常に躁状態に追い込むことも

精神的構造としてはたいして変わらんのかもしれん。

 

なんて思った。

 

そんな僕のキモチとは裏腹に

演目はちゃくちゃくと進んで行く。

いや…グズグズと…かな…。

でもそれが見世物小屋なのだ。

TVショーや映畫等とは違う、目の前で繰り広げられるとゆーライブ感。

外からのお祭りの音と混じって聴こえる台詞。

変な雰囲気に本気で脅えるどこかの子供の姿。

そんなものが入り交じった空気が

僕は好きなんだろーなー。

 

これからもできるだけ観に来てお金を落としてゆきます。

ので、できるだけ続けてくだされ。

 

 

ひととおり演目が終わって外に出ると

あたりはすっかり暗くなってお祭りは最盛な時間帯。

おぉ!!これは楽しい気分だ!!

能舞台的なトコロでお囃子があるよーなので観る。

そーいや、去年は獅子舞を観たな。夜だったっけ。

あの獅子舞が、たむけんだったら大爆笑なのに。

お囃子を聴きながら熱燗をひとつ。

並び方が

笛が後ろで太鼓が前ってのも不思議な文化だなー。

あの盛り上がってるよーでいてまったりしたリズム感を

メロディーよりも大切にしてきた文化なんだろーなー。

テンツクテンツクピーヒャララと心地よい感じに酔っぱらい、

獅子舞が観たかったので社務所で問うと遅い時間だそーで。

そこまではさすがになーとゆーことで帰路。

楽しそうな音と光を後に地下鉄の階段を下りたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そーだ!

まだ空が明るい時間にメイド(の格好をした)集団が神社で撮影をしとって

なんじゃらほい?ギャオあたりの撮影かしら?

衣装の統一感や雰囲気的にアニメや漫画のコスプレでは無いし

歌舞伎町のどっかのお店かしらん??

と思っとって。

ほんで僕が来る時にあった美少女CD-ROMの出店(これも不思議)に

帰る頃にはそのメイド(の格好をした)集団がその屋台にいたとゆー。

なんでも商売になるもんだねー。

Comments are closed.